株価 投資" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

利益を確定させておくことの重要性~もしも株価が上がり続けた場合の大切な考え方~ [株とはそもそも何か?]

投資家は自分の利益を確定させるために
予めどのくらいの株価になったら売るのかということを決めておくわけですが、
その後予想に反してさらに株価が上がり続けた場合どうすれば良かったのかという考え方を見ていきたいと思います。









利益を確定させておく~その後の株価が上がり続けた場合~



株を売る時は、株価が上がった時に売れば良く、実際の局面ではどのあたりになったら売ろうという目安を決めておくと良いわけですが、株を売った後、その株の株価がさらに伸びていくこともあります。


例えば、下の図のように予め売り時の目安を決めておくと・・


株価の目安5.png


株価が上がりはじめ・・・「もう少し上がったら売ってしまおう」と目安を決めておきます。


株価の目安6.png



目安となった株価になったのでこのあたりで売ってしまおう。
という決断をするとします。


株価の目安7.png


その後、目安としていた株価よりもさらに株価は伸びていくことになり・・・
もう少し待ってから売ればよかったかもしれない・・。


ということにもなるわけですが、株価がその後も伸びていくことになる時は
別にそれはそれで良いときっぱりあきらめることが大切になります。

どういうことかというと、
このようなことはよくあるため、予め目安としていた株価まで上がり、
それで利益を得られたのであればそれは立派に成功と言えるのです。


ここで気をつけなければいけないのは「売るのが早かった・・・」というような後悔をすることです。


確かにもう少し上株価が上がってから売ることができればそれはそれで良いことですが、
そのようなことを言っていてもしょうがないため、確定した利益があるのであれば、
次の投資対象を決めて次へと進んでいくことが大切な考え方になります。

どこまで伸びるのかということは誰にもわからないため、
自分で決めた目安で利益を確定できたのであればそれは充分に成功と言えるのです。


そのため、もしあなたが投資をする際に株価の目安を決めて
その目安の利益を得られたのであればそれは成功したと思ってください。


そして、さらに次なる投資対象を見つけていくという思考を持っていけば
投資家として成功し続けることができます。



















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。