株式投資 株価 投資 勉強" />
So-net無料ブログ作成
検索選択

過去の事例を勉強することで将来を予測する~「一般性」と「本質」を読む~ [株式投資の実践]


株式投資を実践する上で最も大切になることは過去の事例を分析することです。

これは過去の事例を勉強することでこれから先の動向を推測できるようになるからです。

今回は、過去の事例を勉強することの意味をもう少し詳しく見ていきたいと思います。










未来を予測するには過去に学ぶこと~本質と一般性を洞察することの重要性~


株式投資をする時には未来がどうなるのかを予測する必要があるわけですが、
未来を予測するためには過去の事例を分析しておくことが大切になります。

これは株価というものの性質が長い期間で見ればある程度の必然性があるからです。

必然性があれば今後どうなっていくのかという予想をすることができ、
リスクを最小限に減らしながら投資をしていくことができるようになるのです。

また過去の情報を集める時は、「一般性」「本質」を洞察することが大切です。

一般性とはある情報が出回った時に大多数の人がとる行動そのもので、今起こっていることです。
本質とはそのような行動がとられる背景、根本のことを言います。

投資をする上では本質をつかみ今後の予測をすることが大切になるので、
過去の情報を集める時は、この「一般性」「本質」を区別しながらこのような過程を経るのだということをわかりながら洞察してください。

結果だけをみていてもそれは本当に学んだことにはならないため、
過去の事例の情報収集をする時は「過程」を読み進めていくことが大切になります。






















タグ:本質 一般性
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。